2005年02月15日

黒髪、ストレート、ロング

私、この3つにはこだわりあるんです。

私の中での「できる女像」は、長ーいワンレン黒髪をきゅっと1本に縛る、もしくはシニヨンにして、黒のスーツと細めヒールのパンプスをあわせてる人。いかにも仕事できそうな感じ。

見た目倒しもいけないけど、しかし見た目はすごく重要な話。だって商談に来た人がギャルギャルしい髪の毛とメークで来たら、私たぶん話聞かないもん。というか、どんなにいい内容はなしても、その話がとても陳腐なものに思えると思う。だから、見た目がきちんとしていて、知性がある(様に見える)女の方が有利。ビジネスでは、どんなに小さなものでもやっぱり逃したくない。だからどうでもいいところでは無駄は作りたくないんです。見た目をきちんとしておく事で、初対面の人にもしっかりと話を聞いてもらう機会を創り出せたり、全ての仕事を有利に運べるなら、それに越したことはないと思っているわけよ。

そしてそして、そんな女が髪を下ろした時、色気を感じるでしょ(笑)それが自分の前だけだったり、特別なときだけだったりしたら尚更。

最後のは冗談めいてるけど、そんなわけで一生懸命髪の毛伸ばしてます。頑張れ、髪の毛!
健やかに育つように日々努力。


なんでこんなまじめな話をしてるかって言うと…今週中に配属先通知が来るからなんです。あぁ、早く知ってすっきりしたいし、心を固めたいわ。どこに行くのかちょっと楽しみでちょっと不安。そんな不安定な22の冬。もうすぐ春!

しかし、今の私は見掛け倒しオンパレードだったりする。

「しっかりしてそうだよねぇ。」→「話すと台無し(まじめな環境でまじめな話してるときは別だけど)」

「色気あるねぇ。」→「やっぱり話すと台無し」

「話さなければいいのにねぇ。」と、何度言われたことか!でもこればっかりはやめられません。だって黙ってられないんだもん…というわけで、早急に中身改革しなきゃ!!話し方は十分老けてるのでこれでよし。


「ラテン系だよねぇ」→「薄着するとムネもおシリもないので決してラテン系ではない。」

これは改革できません。
posted by あ。 at 20:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Beauty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。